お酒を知る・楽しむ 日々の暮らしをお酒とともに

トップページ >> お酒を知る・楽しむ >> お料理レシピ集 >> 春色だし巻き卵

お料理レシピ集

春の味わい
春色だし巻き卵

純米生貯蔵酒から放たれる果実の香りに、まず魅了される一杯。さらに杯をすすめるにしたがって、滑らかでのど越しとさらりとした純米酒の風味にまた魅了される。原材料がお米でありながら、熟した果実が持つほのかに甘い香りが感じられる純米貯蔵酒には春色のイメージの一品を添えて。

材料の卵には横手市平鹿の農場でこだわりの手法で作られている「あやめ卵」を使用。だしは日高産こんぶと厚削りのかつお節で丁寧に採ったもの。鮮やかな黄色にアスパラ菜とエビの彩を加え、春先取りのメニューに仕上げました。

少し冷やした純米生貯蔵酒に、どこか落ち着く卵の料理。コクのある卵の味わいにだしの旨みがプラスされた『だし巻き卵』のやさしい甘さが、淡い純米生貯蔵酒の味わいによくマッチします。

作り方
−だし汁の作り方−
1.800ccの水に表面を固く絞ったふきんで拭いた昆布10gを入れて火にかける。
2.沸騰する寸前で昆布を取り出し火を中火にする。
3.すぐにかつお節25gを2の鍋に入れてふたをし、5分程度煮る。
4.鍋の火を止めてかつお節が鍋の底に沈むのを待って、目の細かい布などでこす。

<作り方>
1.だし汁を鍋に入れ、火にかけたら分量の砂糖としょう油を入れて煮溶かし、火を止める。
2.ボウルに卵を割りいれ、1の鍋が冷めたら静かにボウルに注いで、菜ばしでやさしく混ぜ合わせていく。(泡立器などで強引に混ぜたりしないこと)
3.玉子焼き用のフライパンを十分に熱し、火を弱火にしてからサラダ油を多めに入れてなじませ、2の卵液の1/3の量を注ぐ。
4.膨らんできたぶぶんを箸でつつきながらまんべんなく火が通るまでそのまま焼く。
5.表面だけトロトロの状態になったら奥から手前に巻き込む。
6.卵をフライパンの置く側へ移動して、3〜5を繰り返す。
7.焼きあがったらすだれにラップを敷いたものの上にのせ手早く筒状にする。
8.7が冷めるのを待って切り分ける。
材料
4人分
卵・・・6個    
だし汁・・・100cc  
砂糖・・・大さじ3杯
しょう油・・・小さじ1杯
塩・・・小さじ1/4杯
サラダ油・・・適宜
アスパラ菜・・・適量(塩茹でしたもの)
エビ・・・8尾(皮を剥き、茹でたもの)
あやめ卵
だし巻き卵
ワンポイントアドバイス
・だし巻き卵はフライパンにくっつきやすいので、通常の玉子焼きの時よりも多めにサラダ油を使用すること。
・生地が柔らかめに焼きあがるので、フライ返しと菜ばしを上手に使って巻き込むこと。

レシピ by たなかのりこ